Author Archive

静岡県知事の「寝耳に水」辞意表明

カテゴリー:その他|投稿者:Y.C行政書士事務所|2024年04月03日

今回の知事の「寝耳に水」辞意表明は、氷室京介の寝耳に水解散にも匹敵します笑
でもリニア開通の障壁が取れる可能性が出てきたことで、周辺自治体は内心喜んでいたりして…

なんか、県政を混乱させんという、悪意を感じます。

 

静岡知事が突然辞意 取材は大混乱
#Yahooニュース

https://t.co/zowa7KPLsv

 

 

オランダサッカー留学のお客様から

カテゴリー:その他|投稿者:Y.C行政書士事務所|2024年03月30日

感謝のメール📩です。

サッカー⚽️留学(試合?)うまくいくことを願っております。

Fighting!

 

 

安全配慮義務怠慢のリスク

カテゴリー:その他|投稿者:Y.C行政書士事務所|2024年03月29日

改修に費用がかかるといっても、一旦被害が生じてしまえば、被害者への補償、修繕費、裁判費用等改修費を上回る莫大な費用がかかってしまう。想定内での対策をしていれば、いざ被害が生じても、安全配慮義務違反に問われず、最低限のコストで済む。東日本大震災でも国が責任を問われていないのは、想定内での防災対策、安全配慮義務をしていたからである。
米国の行政機関は、その程度のことも分からないのか?

「危ない橋」がいっぱいの米国 「来るものが来た」とおびえる市民 崩落で6人死亡か(テレビ朝日系(ANN))
#Yahooニュース

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https%3A%2F%2Fnews.yahoo.co.jp%2Farticles%2Fed45366ce6fc2b2fdedbdd258c275c90430cdc74&preview=auto

 

 

商用目的の民事訴訟

カテゴリー:その他|投稿者:Y.C行政書士事務所|2024年03月27日

このような、ただ賠償金若しくは宣伝目的の訴訟は、言論出版の萎縮効果をもたらし、ひいては表現の自由をも間接的に侵害し、且つ我々国民の知る権利までもが失われかねません。
直ちに取り下げるべきです。

ダウンタウン松本さん、訴訟を前にコメント「早くお笑いしたい」:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASS3T… #

https://t.co/9QKRLvv4su

 

 

 

Xフォロワー100人突破!

カテゴリー:その他|投稿者:Y.C行政書士事務所|2024年03月24日

お陰様で、100Follower達成しました。
これも一重に皆様のお陰です。
ありがとうございました😊
これからも、Y.C行政書士事務所をよろしくお願いします🙇

 

 

世田谷区長

カテゴリー:その他|投稿者:Y.C行政書士事務所|2024年03月23日

行政書士講座の憲法の判例で、よく出て来ましたが、この人だったんですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%B9%E7%94%BA%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E5%86%85%E7%94%B3%E6%9B%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

(麹町中学校内申書事件)

 

 

お客様へ

カテゴリー:その他|投稿者:Y.C行政書士事務所|2024年03月22日

無謀な納期、判読不可解な原本の翻訳の依頼はご遠慮頂きたいです。

確かに私は、お客様よりお金を頂いてお仕事を請け負っております。

お客様自身ではできないから、当所に依頼してくださっているというのも

よく把握しております。

しかし私は神ではありません。一人の人間です。できないものはできません。

作業をするにおいて協力を頂けない場合は、お断りさせて頂く場合が

ございます。

 

 

海外への渡航・居住移転の自由

カテゴリー:その他|投稿者:Y.C行政書士事務所|2024年03月20日

外国に渡航するのは、国民に与えられた権利です。
国家は警告のみに留まり、強制はできません。

⚫️憲法第22条2項
何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

 

サッカー観戦行かないで 外務省、北朝鮮への渡航自粛改めて要請(毎日新聞)
#Yahooニュース

https://t.co/g9P9ejVCFX

 

 

 

翻訳複数ご依頼とくとくキャンペーン

カテゴリー:その他|投稿者:Y.C行政書士事務所|2024年03月14日

翻訳複数ご依頼とくとくキャンペーン広告

奮ってご応募ください。(⬆︎上記をClick!)

 

 

お客様との会話について

カテゴリー:その他|投稿者:Y.C行政書士事務所|2024年03月14日

当所は、できるだけお客様とコミュニケーションを図るため、

直接あるいはチャット上で会話をする

よう心掛けております。もちろんお客様のデリケートな部分に踏み込まないよう、

発言には十分気をつけているつもりです。

しかしながら、知らないうちに、お客様にとっては触れてほしくない、

話して欲しくないことに踏み込んでしまっている場合もあり得ます。

その場合は、どうか遠慮なさらずに、「そのことについては、話したくない」旨を

おっしゃられて頂きたいと思います。

その会話については、中断させて頂きます。

 

これからも、Y.C行政書士事務所をよろしくお願い申し上げます。

 

 
Top